ブログ

次亜塩素酸水めぐる拙速報道に苦言

やっと正しい記事が出てきましたのでご紹介します。

次亜塩素酸水めぐる拙速報道に苦言 奈良林直(東京工業大学特任教授)

https://jinf.jp/feedback/archives/30657?fbclid=IwAR3Xlpv_srOutZFRJzbDxocbUMO3_6S7_oicFPGGpNQwbv9Klh9segUOuM4

 

本文中にもありますが、次亜塩素酸水は以前から畜舎の噴霧で活用されています。
多数を狭い空間で飼育するので感染症の防御とニオイ対策にとても有効です。
鶏・豚・牛に無害なものが人体に無害であることは自明です。
「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」を混同するほど低レベルな報道のせいで
介護施設・幼保園・学校施設など現場は混乱しました。
弊社にも多数の問い合わせが来ました。
拙速報道は社会に不利益をもたらします。
感染症専門のドクターでも知らない人は知りません。
噴霧が無意味と考えている感染症専門のドクターもいます。
キエルキンは遠賀中間医師会病院で空間噴霧についての実証実験を行いました。
その実験結果は感染症学会で発表されています。
噴霧が感染症の防御に有用でない、危険であると発言・報道するには
その医学的根拠(エビデンスデータ)を示すべきと思います。