ブログ

5月29日の報道に関連してよくある質問

5月29日の次亜塩素酸水報道に関連してよくある質問を発表元である経済産業省のHPから引用しました。

 

Q:「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?
A:違うものです。次亜塩素酸「ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられる、アルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使われています。「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中です。
 
Q:「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか?
A:「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。

現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところですが、塩素濃度や酸性度(pH)等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。今までのところ、新型コロナウイルスに対して一定の効果を示すデータも出ていますが※、5月29日現在、全体として有効性評価を行う上で十分なデータが集まっていないことから、委員会において、引き続き検証試験を実施することとされました。今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。※塩素濃度49ppm(pH5.0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。

 
Q:「次亜塩素酸水」の空間噴霧は行っても良いのですか?
A:今回の有効性評価は、アルコール消毒液の代替となる身の回りの物品の消毒方法の評価が目的であり、空間噴霧は評価対象となっていません。
なお、「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、その有効性、安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、確立された評価方法は定まっていないと承知しています。メーカーが提供する情報、経済産業省サイトの「ファクトシート」などをよく吟味いただき、十分に検討を行っていただいた上で判断をお願いします。
 

*参照:経済産業省ホーム ニュースリリース ニュースリリースアーカイブ 2020年度5月一覧 新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します(第二弾)https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200529005/20200529005.html?fbclid=IwAR3OcZfXM3qrxZfAkg1hRMytx38g5RVCv5oHhPrP3JRyftaU2r3stea1rrI

 

6/2付で経産省より、今回の騒動に対して上記の新たな見解が示されました。「次亜塩素酸は効かない」、「危険」という報道に対して多くの方が疑問を持ち、質問や意見があったものと思われます。今回の騒動の要因は報道担当者の知識不足・曲解が、あたかも全ての次亜塩素酸製品に効果がなく、かつ危険であるというような報道につながったものと推測いたします。弊社は引き続きキエルキンの品質を追求し、ユーザーの皆様に対して失礼のないものを提供してまいります。