ブログ

6/16に文科省が新たに通達、次亜塩素酸水溶液の空間噴霧についての変更内容とは?

あまり話題になっていないようですが、
文部科学省が6月16日に「学校における新型コロナウイルス感染症に関する
衛生管理マニュアル」を発表しました。これは6月4日付けの事務連絡内で
学校で次亜塩素酸水を噴霧するときは「児童生徒等がいる空間で使用しないでください」との
通達を訂正し、有人空間に噴霧することができると使用を認めた内容になりました。

 

 

今回の訂正によって、利用者からの指摘を恐れて噴霧器を使った対策が取りにくかった
学校・幼稚園・保育園・介護施設、それに飲食店やその他、人が集まる施設でも
対策が取りやすくなったことでしょう。
そもそもの混乱の発端は一部次亜塩素酸水溶液に対して知見のないメーカーによる

乱造品が引き起こしたものと思われます。
明解な商品表示、それにエビデンスデータ、採用実績のある信頼できる
次亜塩素酸水溶液を正しく適切に活用して感染防御にお役立てください。

 

https://www.mext.go.jp/content/20200616-mxt_kouhou01-000007426_01.pdf
学校における新型コロナウイルス感染症 に関する衛生管理マニュアル ~「学校の新しい生活様式」~ (2020.6.16 Ver.2)

 

下記に本文を抜粋します。

 

〇次亜塩素酸水の噴霧について
「次亜塩素酸水」を消毒目的で有人空間に噴霧することは、
その有効性、 安全性ともに、メーカー等が工夫して評価を行っていますが、
確立され た評価方法は定まっていないと言われています。
メーカーが提供する情 報、厚生労働省などの関係省庁が提供する情報、
経済産業省サイトの「フ ァクトシート」などをよく吟味し、
使用について判断するようお願いし ます。
なお、児童生徒等の中には健康面において様々な配慮が必要な者が
いることから、使用に当たっては、学校医、学校薬剤師等から専門的な
助言を得つつ、必要性や児童生徒等に与える健康面への影響について十分検討して下さい。