ブログ

本格的な流行!手足口病、ヘルパンギーナ

夏の3大夏風邪が本格的な流行を迎えています。

3大夏風邪とは?

 

・手足口病

・ヘルパンギーナ

・プール熱(咽頭結膜炎)

 

主に幼稚園や保育園そして小学校の子どもたちがかかることが多いです。

 

<手足口病>

症状は38℃台の発熱と手足、口腔内にできる水疱です。

口のなかに出来る水疱で食欲がなくなってしますこともありますので、

この時期は脱水症状に気を付けてあげましょう。

感染経路は唾液などの飛沫感染と便などからうつる経口感染です。

原因はコクサッキーウイルスやエンテロウイルスです。

 

<ヘルパンギーナ>

38℃~40℃の発熱と口腔内の水疱が症状です。

感染経路は手足口病と同じく飛沫感染、経口感染です。原因はコクサッキーウイルスです。

 

<プール熱(咽頭結膜炎)>

症状は発熱・喉の痛み・目の結膜炎です。

感染経路は飛沫感染・接触感染そしてその名の由来にもなっていますが、

プールで感染することがあります。

学校などのプールは塩素消毒してありますので過剰な心配は要りませんが、

夏休み中に友達と家庭用プールなどに入る場合は注意が必要です。

原因はアデノウイルスです。

 

さて、ここからが今回ブログの重要なところ。

夏の3大風邪の原因、コクサッキーウイルス、エンテロウイルス、アデノウイルス。

これらは3つとも「ノンエンベロープウイルス」なのです。

 

ノンエンベロープウイルスとは?

 

ウイルスにはエンベロープという脂質で出来た膜が

あるタイプとないタイプに分けられます。

この「エンベロープ」、脂質で出来ているので

石鹸やアルコールで分解できます。

 

すなわち、エンベロープウイルスはアルコール除菌が有効です。

では、ノンエンベロープウイルスは?

アルコールが有効でありません!!

 

アルコールが効かないウイルスとしては

ノロウイルスが有名ですが、

この3大夏風邪の原因ウイルスもアルコールが効かないのです。

 

そんな!?アルコールが効かないなんて・・・。

 

そこで登場するのがキエルキンです。

その強力な除菌力でノンエンベロープウイルスも軽々分解!

ついでに汗のニオイも分解消臭しますよ。

 

手荒れしにくいキエルキンで、

この夏の3大夏風邪も乗り切りましょー!