インフル最新情報更新!

インフル1月24日更新インフルエンザの最新情報更新いたします。インフルエンザ推定患者数が100万人近くに膨れ上がる可能性があるそうです。この状態になると人ごみの中にはインフルエンザウイルスの感染者がいると考えて対策を行いましょう。うがい、手洗い、マスク、それに免疫力を保つようにしっかり睡眠、しっかり栄養補給。帰宅後や食事前の手の除菌にキエルキンを使ってインフル対策してください。この冬もしっかり対策して元気に乗り切りましょう!グラフは「子育て応援団 感染NEWS」から引用しています。

キエルキンの除菌の仕組みをもう一度ご紹介!

今回はその「キエルキン」が芽胞菌を
分解してしまう仕組みについてお話しします!
ホームページにもすでに書いてますが、
もっとわかりやすく説明できるようになった自負がありまして。
まず、キエルキンの成分は「次亜塩素酸(HOCl)」です。
この「次亜塩素酸」は不安定な物質で周囲の菌・ウイルス・アレル物質などから
手あたり次第に電子を奪って水に戻るという性質があります。
そして「次亜塩素酸」というと、「次亜塩素酸ナトリウム」と
混同されがちですが、2つは違います。
(次亜塩素酸ナトリウムのことを次亜塩素と省略していう事が多いですネ)
次亜塩素酸は化学式で「HOCl」、次亜塩素酸ナトリウムは「NaOCl」。
次亜塩素酸のしくみ
上記のグラフは塩素「Cl」がpHでどのように
その状態が変わるかをあらわしたものです。
次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性なので、
Clは「OCl」イオンの状態で存在します。
「OCl」はマイナスイオンとなっており、
おなじマイナスに帯電している菌・ウイルスとは反発しあい近づくことが出来ません。
菌分解のしくみ
一方「HOCl」は電気的に中性なので、マイナスに帯電している
菌・ウイルスに対して近づき透過することができます。
分子量が小さいからそのまま芽胞を通過できちゃうんです!
こうして次亜塩素酸(HOCl)は芽胞菌の内側からも電子を奪うので、
最強の芽胞菌も30秒で分解することができるのです!
30秒で菌が粉砕
以上の理由から「HOCl」は「NaoCl」よりも80倍の
除菌力があると言われています。
NaoClよりも80倍の除菌力があるのに、手荒れもしない。
キエルキン(HOCl)ってほんと素晴らしい!!
どうでしょうか?
キエルキンの除菌力の仕組み、
説明わかりやすかったですか?

最新インフルエンザ状況

2017年1月10日時点インフルエンザ状況2017年1月11日更新のインフルエンザ推定患者数が発表されています。1月10日から学校が再開していますので、これから本格的にインフルエンザの流行が始まりそうです。ちなみにグラフ上の線グラフは過去5年間の定点あたり報告数平均値です。当初、インフルエンザの流行が1か月以上流行が早まりそうだと言われていましたが、ほぼ例年通りの流行傾向のようです。グラフは「子育て応援事務局」から引用しています。この「子育て応援事務局」のサイトはエリア情報が充実しています。お住まいの都道府県の学級閉鎖などの情報が手に入りますので、お子様がいるご家庭ではたまにチェックするといいかもしれません。
子育て応援事務局https://www.kosodateouendan.jp/pc/ind/infection_news2015/influenza_trend.html?type=school&pref=41

新年から心がほっこりするお話。

えがお新聞でほっこりする話を見つけました。キエルキンとは直接関係ありませんが、要約して紹介します。
「新幹線のパンダグラフの両側に大き目の板が貼ってある。風を切る騒音を減らすための遮音板だった。きっと沿線住民への配慮だろう。また、深夜キビキビと道路脇を走り回る道路清掃車の一団を見つけた。いちょうの落ち葉が舞い降りる様を「きれいだなー」とのんびり眺めていたが、街が眠っている間にこうして片づけてくれる人がいる。さらにオフィスの内装工事で職人さんに天井板を外してもらった時のこと。窓近くの天井裏には結露防止のための塗料が丁寧に塗られているのを発見。天井板を外さねば気がつくことはなかっただろう。(日経新聞1月7日より)」
普段気にしないことでも、視点を変えることで、それに関わるひとびとの思いやりを感じる瞬間ですね。ラジカルラボ九州もそんな思いやりをコツコツ積み上げて、皆様にほっこりをお届けできる会社に成長したいと感じています。
本年もどうぞよろしく願いいたします。

1月4日(水)から始業します。

明けましておめでとうございます!
本日、1月4日(水)から始業いたします。商品の出荷は明日、1月5日(木)からとなっています。
明日の出荷は混雑するものと思われます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
会社設立から5か月目となりました。皆様の健康的な生活のお役に立てますように頑張っていきます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

春日幼稚園を訪問しました!

春日幼稚園 キエルキン dscf3498 dscf3503 dscf3495

12月上旬、福岡県春日市にある春日幼稚園を訪問してきました。

現在370名の園児が在籍している大きな幼稚園です。

園長の田中先生に近況をお聞きすると「マイコプラズマ、アデノウイルス、RSウイルス、溶連菌など数名の欠席者が出たが、感染の広がりはなかった。近隣の学校などで流行していた今シーズンのインフルエンザはまだ発生していない」とのこと。

春日幼稚園でのキエルキン使用状況を見せてもらいました。

(画像左1番目:各教室の中にキエルキン500mlスプレーボトル)
(画像左2番目:お出かけ用救急セットの中には50mlスプレーボトル)
(画像左3番目:出欠表。見えにくくてすみません)

圧巻だったのはこの出席表です。
H26年の1月下旬にキエルキン使用を強化してから欠席者が激減しています。春日幼稚園でキエルキンを使用してから今年が3シーズン目。出席停止数はH25年度391名、H26年度214名、H27年度50名と確実に効果が表れています。

こどもたちが安心して通える幼稚園を目指してともに頑張っていきたいと改めて思いました。

 

年末年始休業日のお知らせ

元気な子気がつけば、年末になっていました。。
よく行くクリーニングの店員さんと会うたびにもう秋ね、もう年末ねと
年を取る話ばかりしている気がします。
さて、本題です。
年末年始休業日のお知らせです。
2016年12月27日が年内の最終発送日、2017年1月5日から年明けの発送日です
ただし、年明けはかなり混雑が予想されますのであらかじめご了承くださいませ。

佐賀県感染管理ネットワークに商品展示しました!

佐賀県感染管理ネットワーク商品展示12月17日(土)、第14回佐賀県感染管理ネットワーク研修会に商品展示しました。

研修会に参加された感染対策の看護師の方々にキエルキンの紹介を行いました。

このような場を通じてもっとキエルキンの認知度を広げたいと思います!

あいあい保育園を訪問いたしました!

あいあい保育園トイレにもキエルキン あいあい保育園掲示板 あいあい保育園キエルキンで手洗い あいあい保育園噴霧器 あいあい保育園手洗いにもキエルキン あいあい保育園お昼寝中 あいあい保育園保育士さんもキエルキン あいあい保育園玄関

福岡県春日市のあいあい保育園を訪問し、園長の久野明子先生にキエルキンの使用状況をお聞きして来ました。園児249名。現在14畳用専用噴霧器が3台に26畳用専用噴霧器が4台、また全てのお部屋とトイレにキエルキンのスプレーボトルを設置し感染症対策を行っておられます。以前はアルコール除菌剤だったが、全てキエルキンに切替したとのこと。キエルキンを使いだしてから感染症の流行が少なくなったと他の先生方も感じているそうです。昼食やおやつの前には並んで手を洗ってからキエルキンで除菌。毎日の習慣になっているので1歳児のクラスでも、こどもたちは自分で腕まくりをして準備しており、なんとも微笑ましいしぐさでした。今後もキエルキンをよろしくお願いいたします。

キエルキンがローソンのバックヤードに納入決定しました!

キエルキンがローソン*のバックヤードで使用されることになりました。アルコール除菌剤からの切り替えです。その理由のひとつは手荒れの防止。特に乾燥する冬場、手荒れした場所に黄色ブドウ球菌などが繁殖する危険性が高まるからです。コンビニでは通常の販売業務に加え、食品の調理も行うため徹底した衛生管理が必要です。キエルキンは除菌力の高さと肌荒れしない安全性が評価されました。インフルエンザ流行に加え、今年は感染性胃腸炎の流行が危惧されています。ぜひ安全性と除菌力を兼ね備えたキエルキンで対策を!
*名古屋~北海道までの東日本店舗にて)

10 / 12« 先頭...89101112